食を科学し、化学する
〜基礎知見の提供から食品の開発、予防医学まで〜

食品分子機能学研究室へようこそ

食品の健康増進機能や安全性を単一の手法や対象で評価することには限界があり、しばしば反映しないことがあります。そのために、より多方面・網羅的な評価手法の開発が求められています。

本研究室は、食品の健康増進機能・安全性を実験動物から細胞・タンパク質・遺伝子に至るまで網羅的に評価するシステムを構築しています。これらの評価システムを用いることで、食品の機能性・安全性および作用機構を解析し、安全で健康増進機能を持つ食品の開発に応用する基礎的知見を提供することを目的としています。

研究室風景・機器類など

研究室風景
大学風景
flow 03
機器
機器
機器
機器
機器
機器